PROTOSTAR

ジュニア育成発足から1年

ボルダーなら結構登れるけど、「リード、大丈夫かな?」「ビレーさせていいのかな?」みたいに思ってた頃があったなんて嘘みたいにジュニア育成メンバー、強くなりました。最近は足自由とかでも僕に課題を作ってくれて、それが結構難しくて10回、20回と打ち込まないといけないようなものもあって、何だか“一緒に登ってる感覚”になってきて嬉しいです。そういえばN原、K西にもそれを感じた時があったような・・・やつらにはすぐ置いていかれましたが。(ワラ
まあ、JOCだのユースだの出て結果が出るようになるまでにはまだもう少し時間がかかるかもしれませんが、KJくんなど中学生は特に数年後から参加できる国体も視野にいれつつ練習に励んで欲しいと思います。今度のJOCも各カテゴリーで決勝目指してがんばりましょう。
目指せ第2のN原、K西!!(※IQ以外)

さて、問題はあとに続く次の世代。県北ではB場さんの息子・トモトモ君が今年度加入しましたが、まだ小3。現在の県北メンバーと少し間が空きます。I原先生が面倒をみている県南と合わせれば学年のブランクは多少間は埋まりますが子どもたちの刺激のためにも(県北に限らず)もう少し欲しいところです。①興味があって上達しようとがんばれる子、②そこそこセンスや普通の子より高い運動神経を持つ子、③一生懸命やれる環境がある子・・・・初めから3つ全ての条件を合わせ持つ子なんてなかなかいないんですけどね。せめて2つ半。それでも難しいですね。

まあ、しばらくは“彗星”が現れることを期待します。
彗星みつけた人もご一報下さい。(2期生)
[PR]

by protostar | 2007-07-20 23:41 | 未分類
<< ビバ鷲羽山ハイランド サンバ >>