PROTOSTAR

勝山~湯原

勝山に行く途中に寄り道。すると、
f0006861_22212924.jpg

またぐらに子猫がぶら下った。この子猫たちは、おそらくここに捨てられたのだろう。。。「捨て猫」ではなく「捨てられた猫」。人懐っこい。
f0006861_22263092.jpg

可愛い。だけど、可愛いだけで生き物は飼ってはいけないと思う。もっと責任思って・・・。自分には飼う自信がない、だから見捨ててきた。


勝山の岩場をチェックしに行ってきました。
f0006861_21541261.jpg

岩の状態は・・・バリバリ乾いてます!!
f0006861_21551472.jpg

アプローチの簡単な方法も説明しときます。
f0006861_21585921.jpg

川に掛かる天然の岩の橋を渡ります。写真の真ん中の岩です。手前に幅30cmの川が流れているのでヒョイッと渡ってください。
f0006861_222406.jpg

対岸から見ると、こんな感じ。渡りきると流木が地帯か岩をよじ登って、開けた所に出ます。
f0006861_22111818.jpg

そこから岩場のほうを向いて上を目指します。水路を少し下れば岩場です。

勝山の岩場には脆いところが数箇所あります。岩が黄色くなってるところです。クライマーもビレイヤーも十分注意してください。

そして、昼から湯原。岡山市の方と島根の方々がクライミング中。

f0006861_2240492.jpg

島根の高校生の前を「お兄ちゃん達、こうやって登るんだよ」って登るトモトモ。
島根の高校生、県の代表で出るんならもっと練習せい!トモトモでも8の字結び出来るぞ!っと厳しく書いときました、S井さん。でも、クライミングっていい環境とやる気がないとなかなか難しいですよね~。

その後トモトモはトップロープで2本、リードで4本、リードでセミになり終了。

自分は湯原最大傾斜に打ちのめされました・・・。何でもありでも無理でした・・・。いつかは登り切りたいと思います。。。いつになる事やら。。。

トモトモ、リードで湯原壁を初めて登れた記念日。(B場)
[PR]

by protostar | 2008-06-08 23:00 | 人工壁
<< じゃじゃ! 勝山の岩場清掃活動 >>