PROTOSTAR

水道代3700万円! 鳥取・倉吉市が誤請求

f0006861_20325255.jpg
水道代3700万円! 鳥取・倉吉市が誤請求

「端末は前回の使用量の2倍を超える数値を入力すると警告音が鳴る仕組みだが、検針員は気付かなかったという。」(記事より引用)
検針ハンディー機の警告音も小さくはありませんが、水道局の担当者が額の確定前に異常水量のチェックをしなかったのが問題ですね。何重ものチェック機能があるんだから、ちゃんとそれをやらなくちゃ!
[PR]

by protostar | 2008-09-06 20:30 | 未分類
<< ロクスノ C5TOUR2008第2戦 お... >>