PROTOSTAR

ハイテクは嫌いじゃ。

最近、自分がこれから仕事(大工)をどうやっていくかいろいろ考えてしまう。

こないだ、勉強会とやらで「高気密高断熱の家」の建築途中の家を見てきた。隙間という隙間はコーキングやウレタンでキッチリ埋められ、外気は一切絶たれていた。そして、そこで業者同士で自慢しあう「気密性の数字」。換気システム・・・・など、いろいろ。。。。

え?木造建築?この家の構造に使われている木は「気密」という理由から、窒息死させられるんじゃないか?木は生き物だぜ!その家に住む人は快適かも知れんけど、構造体は酸欠を起こしてしまうんじゃないの?とか、いろいろ思ってしまった。ま~、自分は住みたいとは思わんかった。ハハハ。

そこで、「理想の我が家」
近くに小川が流れ、雑木の林がある土地に、石・土・木・竹・和紙など自然素材を使って、家が呼吸する家。空気が流れ、風が心地よく吹き込み、暖炉があって、程よく光が差し込み、こじんまりした家。日本の風景に溶け込む家。靴でたとえるなら「ダナーライト」。

でも、今はドンドン新しい事を取り入れていかんと、「仕事」として成り立っていかんのんだよね~。はぁー。(B場)
[PR]

by protostar | 2008-12-24 00:37 | 未分類
<< 風邪 その後 >>