PROTOSTAR

<   2007年 09月 ( 41 )   > この月の画像一覧


天気が微妙だったので湯原へ・・・

木曜の夜から頭と顔の右部分が痛くなり、動くのもやっとという状態に・・・。で、金曜は病院へ。診断の結果は「副鼻腔炎」。いわゆる「蓄膿」。レントゲンとったら顔右半分に「うみ」がたまってた・・・。でも、薬飲んで一日寝てたらすぐに痛みもなくなり、普通に動ける体になってた。薬の力にビックリ!

で、急遽トモトモと岩場に行くようにしてたんだけど、天気があまり良くなさそうなんで湯原へ変更。

自分はルートを6本。
トモトモは・・・・かなり登ってた!(一度、壁でフリーズした以外は・・・)
トップロープでノーテンで上まで抜けたし、リードでテンション入れながらだけど上まで抜けれた。ルートが登れない時は、ボルダー壁に行き、ピンクテープの長物を2回RPしたり、アヤネちゃんと課題を造って登ってた。ルート壁でも親父以上の本数登ってた・・・。でも、「まだ、よれてないよ」って言ってやがった。どんな体力しとんじゃ!

後は高さに慣れるだけなんだけど・・・。それが一番時間が掛かりそう・・・。
徐々に徐々に・・・ぼちぼちとでやらせていこう。

S川さん、2期生さんお疲れ様でした!!(B場)

帰宅後、トモトモが見つけてたアケビを採りに行った。
f0006861_2150271.jpg

[PR]

by protostar | 2007-09-30 21:48 | 人工壁

秋田国体速報

初日の結果が掲載されていました。

→秋田国体山岳競技の速報ページ

f0006861_185753.jpg
f0006861_1851353.jpg
f0006861_1853390.jpg
f0006861_1853940.jpg
f0006861_1854572.jpg


土日は羽山に行けずでした。金曜晩が宿直だったんですが、その日に土日どちらか一日他の課の応援に出て欲しいと言われて、朝からずーっと数字とにらめっこ。帰ったのはAm0:30頃でした。今日はその疲れをひきずり結局国体施設へ。B場さん&トモトモ君、S川さんにご一緒させていただいて先日のコンペの課題を1回づつだけど14本全部登りました。疲れ・・・なかった。コンペ参加者の人も物足りなかったのではないかと今更不安になります。明日からの週は火・木・金の晩が仕事なので明日の月曜も登りたいところです。(2期生)

岡山成男、中原・小西も石原先生の夢を背負ってガンバ!!
[PR]

by protostar | 2007-09-30 18:07 | コンペ

明日

明日はトモトモが生岩ルート初デビューの日になりそうです。
場所は備中「リバーパーク」楽しみです。(B場)
[PR]

by protostar | 2007-09-29 23:03 | 未分類

YUBARA LEAD FES'07 レポ

C5TOURスタート以後、湯原クライミングセンターという立派な施設がありながら、3年間ボルダリング競技ばかりをやってきました。別にどうしてもボルダーがしたかったわけではありません。僕以外のスタッフがいない、それが理由でした。しかし、昨年の夏に県ジュニア育成事業がスタートし、状況が変わります。子どもたちはみるみる上手くなり、保護者の方も遠征では車を出して下さり、またビレーもしていただけるようになりました。そしてまたそれにも応えるように子どもたちも各地で活躍します。国体では来年からボルダー&リードとなりますが、子どもたちが活躍していかないといけない今の舞台はJOCやユース等、全てリード競技。リードが強くないと意味がありません。もっと練習させたいし、もっと刺激も欲しい。そう思い始めた頃から、「今年の湯原はリードをやろう。今は人的にも十分できる体力がある。」と思うようになったわけです。

とはいえ、国体直前の開催という時期もあり、競技は一般的な物でもおもしろくない・・・どうしようか。左右同時進行で予選2本しても1人のクライマーが登れる数は多くて4本。少なければ2本で終わり。それじゃあ、ちっともおもしろくないよな~と思って考えたのがK点付きのフラッシュ・リードセッションでした。オンサイトの練習にはならないと言われそうですが、自分がトライする前でも、登り終わったあとでも人の登りを見るというのは勉強になるものです。自分より上手い人なら余計に。ボルダーセッションだと常に頭の中が「次、何登ろうか」でいっぱいで、人の登りを見る余裕もないわけですが、そういう時間も取りながら、ほどほどの緊張感を保つ今回のリードセッション。来年またやるかと言われると???ですが、今年はそれなりにおもしろかったと思います。皆さん、どうお感じになられたのでしょう?

競技のことに入る前にちょっと課題のことを。ルートは14本。5時間で50人が上ろうと思えば全部一撃してもどうせ全部は登れないし、そこそこのグレードで抑えようということで最高でも5.12b~cくらいで設定しました。15m壁ですが、まっすぐ直登にちかいので時間は5分。K点の配点は、完登のポイント比率をもうちょっと上げた方が良かったと後悔してますが、配点をよく見てちょこちょこK点取るのも頭のいい人の作戦だし、まあ、それは次にやるときの課題です。

さてさて、やっと競技のことに入ります。

一般男子ではタク君が全てフラッシュして、僅差ながら日本代表N原くんを抑えて優勝。タク君をあまり知らない人は運が良かったとでも言いそうですが、それは違います。就職も早々に決めた彼はこの暑い夏にめちゃくちゃ登ってます。岩も人工壁も。日本選手権も強かったですが、一回りも二回りも強くなった印象を受けました。参加者の中ではキャリア最長かと思われる島根のみずち君も3位に入りました。たまちゃんから「ロープgetせよ」の至上命令が出ていたのでがんばってたわけですが、作戦ミスでしょうか。まあ、この3人にとってはどの課題もお手頃だったようです。登るぞ!勝つぞ!という執念にプラスして、どれをセレクトしたかでも運命わけたかもしれません。中国地方のトップクライマーたち。さすがでした。

女子は少なかったので急遽「一般+中高生」とさせてもらいましたが、中国地方の女王たまちゃんとこれまたほっしー育休中で関西最強のぽんさんの事実上の一騎打ちとなりました。身長も同じくらい。キャリアも同じくらい?そして両方、キン肉マン(これは余計か)。あえて違いを言うなら、どっちかというとボルダーチックなのがぽんさん、そしてルートチックなのがたまちゃんということくらいでしょうか。でもどちらもそれぞれ特徴のある登りで観る者を沸かせてくれていました。高校生等にも刺激になったことと思います。3位は岡山成女OB(まだまだ現役?)のY子さん。ポイントでは差がありましたが、健闘ラインでしょう。

中高生男子は中央育英高校のエースF本君が体調不良でキャンセルということで、地元KJ君にチャンスが回ってきたかと思いましたが、中央育英の新しいキャプテンというN村くんが優勝。KJ君、無難にいい登りをしてただけに残念です。「アップで登れるような課題は後回しにしたら」というアドバイスを聞かないからです。セッション方式だとポイント均一の完登数かポイント数かで登る順序も違います。前回のCEROが完登数でしたが、今回はポイント制。どう取るか考えて欲しかったですね。それにしても中央育英勢はすごい。高1からはじめたという子でも結構登れますし、一年経って高2ともなると上手いなって思うくらい登れてます。上手い先輩、(見たことないけど)学校に立派な壁、熱心な先生、バックアップ上手な競技団体・・・いろいろ揃ってるこの学校、恐るべしです。来年以降もまだまだユースは鳥取が熱いかも。

アンダーYBは意外と混戦でした。実力的には湯原の3人が1、2、3位かなと思ってましたが、ここではポイント制が運命を分けます。前日予選敗退して悔しい思いをした県南マサキ君が、登れない課題に見切りをつけK点を集め2位入賞。彼は賢いです。対照的に団子になってぞろぞろ簡単な課題をめぐった湯原勢。一撃できるうちは差が付かずに、難しい課題で差がつきはじめ、最終的にはここんとこボルダー・ルートともにKJ君にせまる勢いのユキヤ君が優勝。3位にKT君が入りました。K太くん4位。やっぱり疲れか途中からエンスト気味。アヤネちゃんの5位は逆にがんばったと思います。

全体的には、まあ、それなりのコンペになったかな~と思っています。これも参加者の協力のおかげ、そして協力下さった保護者の方や当日登らずにお世話いただいた外部のスタッフのおかげです。本当に感謝しています。ありがとうございました。今年は今までの湯原コンペとは一味違った新しい内容で開催しましたが、来年はまた来年でどういう競技がいいか考えます。そうですね~来年は国体もボルダー元年ですからね。それと同じ競技形式も実は今から考えてるんですよ。まあこれは来年のお楽しみということで。

繰り返しになりましが、皆様本当にありがとうございました。また来年もご参加下さい。
PUSH YOUR LIMIT !    (2期生)
[PR]

by protostar | 2007-09-28 21:48 | コンペ

明日で最後

最後なのは早出です。普段あまり早くない分、いつもより1時間半近く早く出勤しようとするとその分しっかり疲労のカウンターをくらいます。昼間も眠いし、登っててもだるい・・・。このまま羽山に行ってもいいことにはならないかも。コンペ前からバタバタしてたし、土日のうち一日は家でゆっくり休みたい・・・かな。もう寝ます。おやすみなさい。(2期生)
[PR]

by protostar | 2007-09-27 23:54 | 人工壁

週末、羽山

どなたか行かれますか?行きませんか??
今週末から羽山通いを開始したいのですが、誰か登ってるのかどうかまだ情報がありません。1人で行って待ちぼうけも時間の無駄だし・・・。「トライしてみたいルートがあるけど回収が不安~」って人も大丈夫です。羽山なら何でも回収しますよ。ヌンチャクかけも可。というわけで、羽山行こうかなって方、ご連絡下さい。

9/26
今日は昨日よりは腰の調子が良さそうなのでタク君の長物に何度もトライしましたが打ち込みすぎで逆にR.Pはできませんでした。明日は仕事。また来週がんばります。(2期生)
[PR]

by protostar | 2007-09-26 22:46 | 2期生の空知への道

忘れ物

f0006861_1227187.jpg

9/24の忘れ物です。靴はトモトモ君のです。問題はプーマのリュック。左壁前にありました。ご存じの方は連絡お願いします。
[PR]

by protostar | 2007-09-26 12:27 | 未分類

YUBARA LEAD FES'07 リザルト

遅くなりましたが、リザルトです。→YUBARA LEAD FES'07 各リザルト

レポは待ってください・・・。腰痛気味でやばいです。歩き方、おかしいって言われます・・・。

とかなんとかいいながら・・・そろーり、そろーり、今日は軽く登りました。N原君の5.13aの長物もオンサイトできましたよー。腰が痛い以外、調子は普通かな。N原くん、タク君も昨日に引き続き遊びに来てくれてて楽しかったです。国体がんば!!(2期生)

>B場さん
昨日、一昨日ビレーからなにからありがとうございました。助かりました~。あと、今朝トモトモ君の靴が片方落ちてましたよ。雨に打たれて濡れてたので事務所内で干してます・・・。

>Y子さん
今回も“まあまあ”良かったと思いますよ。上位2名が強すぎなんです。まあ、しばらく課題もあるのでまた登りに来てください。
[PR]

by protostar | 2007-09-25 23:21 | コンペ

YUBARA LEAD FES'07 3

初めて、コンペでビレイをさせていただきました。一日であれだけの数のビレイをする事はなかなかないかと思います。
選手の方からも「よしくおねがいします」「ありがとうございました」と言ってもらえて、気持ちよくビレイする事ができました。とてもいい経験が出来ました。

今回はトモトモがカメラマンでした。
f0006861_2235539.jpg

f0006861_22361845.jpg
f0006861_22372449.jpg

f0006861_22384757.jpg

f0006861_22404950.jpg


トモトモは二日間コンペを見学して、モチベーション爆発中で、昨日は大会終了後なんと自分から「リードする」と言い出してとうとう初リードに挑戦しちゃいました。家でちょこちょこクリップの練習してたんで、マサキよりはクリップ上手かったりして・・・(笑)

参加されてた皆様、運営をされた皆様お疲れ様でした(B場)
[PR]

by protostar | 2007-09-25 22:56 | コンペ

YUBARA LEAD FES’07 2

初めてのリードセッション方式だったけど、落ちたくないって感じで頑張れたのは良かった。でも簡単な課題でもギリギリ完登が多かった。完全に持久力が落ちてるわ…分ってはいたけど。。また頑張ろう。

一日またこうして思いっきりクライミングできたので満足です。全身筋肉痛です。(バーベキュウ後の腕相撲はきつかった…)毎回、湯原の方々にはお世話になりっぱなしで感謝しております。今回も本当にありがとうございました。(Y子)
[PR]

by protostar | 2007-09-25 21:47 | コンペ